AGA治療薬の購入か植栽の選択から見る薄毛改善策

基本、AGA治療は保険診療外になっていますので、高い費用が掛かることは知っておきましょう。また治療は改善したからといってもやめることができず、髪をもう必要ないと思う時まで治療を続ける必要があります。費用が高いからといってやめることができず、また経済的な理由で治療を受けられなくなったときは、悪化することからできる治療を選択することが重要です。

髪をあきらめるまでAGA治療を続けなければならないのは、医薬品を購入し続けなければならない意味になります。保険診療ができないことで費用が高くなる治療を続けることを意味します。最近は個人輸入で医薬品を購入する人が増えていますが、それでも頭髪を必要なしと判断するまで続けなければいけません。

一方、植毛であれば一度植栽すれば半永久的に生え続けることも可能です。現在の主流の植毛は自毛になっており、自分の頭髪を受けることで拒絶反応なしに定着する確率が非常に高いです。定期的な健診は必要ですが、一度植栽を受ければ半永久的に生え続けます。ただし自毛植毛の場合、AGAの原因となる男性ホルモンの影響を受けていない頭髪がないと受けることは不可能です。治療ができる人が限られることになるでしょう。

AGA治療は続ける必要があり、植栽である自毛植毛の場合は、一度受ければ半永久的に生え続けることが意味することは、結果的にお金がかからない治療は自毛植毛になります。どちらも保険診療を受けることができませんがそれでも施術を受けるだけでその治療は終わることから、経済的にも優しいAGA治療は自毛植毛と判断を付けることができます。それでも高い費用が掛かりますので、お金の工面や医療ローンの確保が求められるでしょう。