AGAの種類と壮年性脱毛症の違い

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では男性型脱毛症と呼びます。原因は主に男性ホルモンと遺伝によって起こるとされており、治療方法も確立されてきた症状ですが、完治することは現代医療でも不可能とされ、症状を遅らせるか止めるしか手立てがないのが実状です。髪の毛が薄くなってきた男性が悩み、調べていると良く目にするのがAGAですが、時には壮年性脱毛症というキーワードを見ることもあります。この2つにどんな違いがあるのか気になる人もいますが、主立った違いはなく、両者は同じ意味となっています。壮年性脱毛症というのは文字通り中高年となる30~50代の男性にあらわれる脱毛症で、10~20代であれば若年性脱毛症とも呼ばれます。年代によって呼び方が異なるだけで、どちらもAGAであることに変わりはありません。AGAは思春期以降に男性ホルモンが変異し、原因となるDHTと呼ばれる物質が増殖することで起こりますが、症状が発症するタイミングは人それぞれで、10代から薄くなる人がいれば30代から進行していく人もいます。時間をかけてゆっくりと薄毛が広がっていくため、20代で発症していても、目に見えて症状が分かるようになったのが30代からということで、中高年に多く見られるようになっています。そのため、壮年性脱毛症という言葉が出てくるのですが、若い人では若年性脱毛症あるいは若はげなどとも呼びます。また、60代以降の人は老人性脱毛症とも呼ばれ、年代によって呼び方が違いますが、種類や症状は同じで全てをまとめてAGAと呼ぶことになっています。ただし、AGAの症状としては頭頂部か前頭部が薄くなるだけで、側頭部や後頭部には影響が少なく、薄くなることは滅多にありません。全ての頭髪が抜けるような症状は別の病気である可能性があるため、頭髪が抜けたからAGAと断じることはできません。