アーカイブ | 9月 2016

  • AGA治療と初期脱毛とヘアメディカルについて

    AGAの治療を始めると、初期脱毛が起きるケースが在ります。 初期脱毛は医薬品の効果が出ているもので、この段階で医薬品の使用を止めてしまうと、元の状態に戻ってしまう事になります。 しかしながら、初期脱毛は今まで以上に抜け毛の量が多くなるため、このまますべての毛が抜けてしまい、ツルツルの状態になるのではないだろうかと言った不安やストレスを持つ事になります。 AGAは男性ホルモンのテストステロンと体内の酵素が結びついて変化する、強制脱毛ホルモンのDHTの作用により、髪の毛が太く長く伸びる前に抜けてしまう脱毛症で、酵素を阻害する医薬品でもあるプロペシアを服用する事で、酵素とテストステロンが結びつくことが無くなり、毛周期を正しくする作用を期待する事が出来るようになります。 酵素が阻害されることで毛周期は正常の状態に戻ろうとし、この時初期脱毛が起きるのだと言われています。 尚、インターネットの中には発毛治療を病院で行う事を推奨しているウェブサイトや情報が多く在ります。 AGAは進行型の薄毛と言った特徴を持つ事からも早目に病院での治療を受ける事が大切で、専門病院での治療を受ける事で医薬品の処方だけはなく、遺伝子検査やプロペシアの有用性及び副作用などのリスクを知ることが出来る検査を受けて治療に望む事が可能になります。 尚、ヘアメディカルはこれから病院での治療を考えている人などに役立つ情報を発信しているウェブサイトで、治療方法や費用などについて質問をした人に対する回答を見る事が出来たり、AGAなどの関連キーワードについての解説や治療を受ける事が出来るAGA治療病院への来院予約などを行う事が出来るなど、治療に必要な情報が掲載されている薄毛に悩む人々のためのウェブサイトになっています。