アーカイブ | 7月 2016

  • 日本発毛協会が推奨するAGA治療のための飲み薬

    日本発毛協会が推奨するAGA治療のための飲み薬を利用することによって、効率的に薄毛の症状を改善することが可能です。日本国内で認可をされた薬にはプロペシアという薬があり、基本的にこの薬だけが飲み薬としてAGAを治療することができる薬として認められています。AGA治療を行う際に薬として認可されている薬を服用するときには、医薬品として提供される薬のために専門外来でまず問診を受けなくてはいけません。頭皮の状態が悪くなっていないかを確認し、その頭皮の状況によって本当に薬を使うにふさわしいのかどうかを判断するわけです。ただし、専門外来で処方してもらうことが可能な薬に関しては日本国の保険の適用がないので、問診を受けたあとの薬の代金に関しては全て本人が負担して支払わなくてはいけないということを理解しておきましょう。 AGA治療薬の効果は絶大で、処方すれば男性ホルモン受容体と接触して抜け毛の作用を引き起こす物質の働きを抑えることが可能になります。これは男性ホルモンに直接働きかけることを意味しますので、男性ホルモンの働きが若干弱くなることを覚悟しなくてはいけません。副作用として生じる作用は殆ど無いのですが、こうした男性ホルモンを抑制するという性質上、副作用として団席昨日の機能低下に関する報告がされているのも事実です。報告の事例に関して非常に稀ですが、薬なのでやはり肌に合うものと合わないものが存在します。仮にあわなかったばあいにはすぐに薬の服用をやめて薬の服用ではなく外科的な手術によってAGAを治療することを考えなくてはいけません。一般的な患者に関してはプロペシアの服用で9割以上の人が増毛を実感できるので基本的には何も心配する必要はないのです。